楽譜

楽譜の類

1枚だけプリントして使いたい時用にどうぞ!

五線譜

music_score

コード譜

chord

タブ譜

tab

五線譜+タブ譜

music_score_tab

五線譜+コード譜

music_score_chord

15周年

15周年記念

記念のピック作っちゃいました!

名刺と一緒に配布!すでに名刺を渡している人には会った時に!

有効的にサイトを使いたいと思いつつ、良いアイデアが浮かばないまま時間が過ぎていますが、徐々に形にしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします!

カポを付ける

カポ

成り行きでアコギを練習することになったので、しばし練習をしたいと思います。
課題曲は4フレットにカポを付ける。

そしてコード確認。次の練習(予定は未定)までに一通りコードを弾けるようにしておこう。

デュレーション

デュレーション(ゲートタイム)

MIDIで入力する際の”音符の長さ”の指定について。
リアルタイムで鍵盤入力する場合は何もしなくても良いけど、楽譜どおりにマウスで音符で打ち込んでいく時の目安。

通常の音符 80%
スタッカート 50%
レガート「スラー」 100%
テヌート 100%
マルカート 80%(80~90%)
タイ 同じ音程で繋がっていて、2つ合わせた長さを一音と考える
kigou1
通常の音符(80%)ってことは、
4分音符の場合「480」→「400」
スタッカートなら「240」
テヌートやレガートなら「480」
ってことになる。
マルカートは通常の音符と長さは同じだけど、アクセントを付けるのでベロシティー(音の強さ)を調整することになる。

音色によって変わるので一概に言えないけど、基本の長さを覚えておけば、そこ基準で1音の長さを調整することが出来る。
MIDI検定の2級の実技を受けるのなら、「MIDI」の規格で定められている数値で入力が基本。