今期の後半はベースで

今期の後半はエレキベースを作ることに決定。

修正を重ねて、細かい仕様を決めました。
ボディの色は「シースルーブルー」
フレット数は24。フレット寸法は「#214」
ペグは「シャーラー」指板は「ローズウッド」
ピックアップは「PJタイプ」ポジションマークは「スノーフレイク」
※12フレットだけ自作

イメージは今更だけど「アナ雪のエルサ」。

しかし、可愛くデザインしたつもりが「イカツイけど可愛い要素がある。」と言われてしまった。「イカツイ」が先に来るんだ!

エルサだけに、
ラストの「Let the storm rage on! The cold never bothered me anyway」

嵐よ吹き荒れるがいい 寒さなど平気よ(ディズニー訳)

きっと、こういうイメージが出てしまったのだろう(笑)

完成

半田コテの調子がおかしかったので、備品を借りて付けたら、快適(^_^)

無事に配線完了。組み立てて完成しました。

 

しかし、、、疲れているせいか、ピックガードを止める穴を間違えて開けてしまった。

あと、2本目の塗装の時に、艶ありから艶なし加工しなおす予定なので、それが終われば完全に完成!です。

とりあえず、間違って開けた穴をどうするか、、、。

考え中。

アコギ

来月から、8か月間だけ、コードとスケールの強化月間(こっそり)。

けど、いきなり複雑なものは思考がついていかないので不可なので、、、。

ひとまず、とある曲のCとかGとかFとか、、、メジャーなコードについて、何の音が鳴ってるか右側に書いてみた。

ギターの場合、タブ譜とか、バレーコードはメジャーの押さえ方、マイナーの押さえ方、個別の音玉を考えずに、手のフォームで覚えてしまってたりするんで、ピアノとは捉え方が違うような気がする。

まぁ、感覚的な話なんだろうけど。。。

ピアノでコードの成り立ちを確認しつつ、ギターで作れる和音について考える事が出来たらいいなぁ。

 

サックスは一人で和音が作れないので、スケールごとの曲練習。一つづつクリアしていこう。

おぉ。これは、イイ感じで理解できるのではないかな!(笑)

MIDIキーボード

IK Multimedia iRig KEYS

入力装置を買い換えました。

PC、iOS、Androidにつなげられるので、それぞれ繋げて確認しました。

うちの場合、iOS(タブレット)とAndroid(スマホ)。問題なく接続出来ました!

机に軽くおける感じの物があると手軽で良い。電源も要らないし。

ちょっこっと入力するには十分かな。

※あくまでも、弾くというより入力。

で。

秋は、コード理論をしっかり身に着けたい(演奏レベル)と思っているので頑張ります。

春にはサックスでアドリブ!!!なーんて目論見を立てておこうかな。

カホン作り

随分前から予約していたカホンのワークショップに行ってきました。

カホンとは、座って叩く打楽器です。

打面の裏にギターの弦が貼ってあるのが一般的だと思ってたんだけど(用途によって違うのかな?)、手作りカホンでは、スナッピーを取り付けます。

写真の穴の開いてる方が後ろです。前から写真を撮るとただの四角い箱に見えるので、あえて後ろから撮ってます。

レッスン付きだったので、叩いてきましたよ。手が痛いのなんのって!!!

で、

叩く面をを少し浮かせて、音が響くようにして叩く。

叩く位置によって音が違うんです。

上手く作れなかったけど、とりあえずの練習用にはなりそうです。