先週の続き

ヤスリで整えたアクリルピックをコンパウンドで磨くとピカピカになりました。
やっぱり分厚い。

持った感じ違和感がある。
慣れたら大丈夫なのかもしれないね。
しばらく使ってみます。

—————

ボディにバインディングを巻きました。
写真撮ってない(汗

次はネック。ネックにもバインディング。
他、指板にディッシュインレイを入れる。サイドポジションマークを入れて、ヘッドにインレイを入れる。
フレット打って、すり合わせて高さを整える。
ナットを付けて溝を彫って。

塗装して、配線&半田付けして、裏蓋2つ作って終わりかな。

2作目作りたいので急がないと!

ピック

アクリルピック。
形は出来ていて、磨くだけのもの。
目の粗いペーパーから順番に磨いていく。

全てのペーパーで磨きました。

後はコンパウンドで仕上げないといけないのだけど、
持ってないので、次の土曜日になってしまいます。
写真のガーゼ(白い布)にコンパウンドを付けて、磨くと透明のピカピカになります!!!
※今はペーパーの傷が残ってる状態で白っぽい。

てことで、使えるのは土曜日だね。
楽しみってことで置いておこう。

夏休みの宿題

宿題が形になってきました。

このギター、完成したらちゃんと使いますよ!

■作業内容

カーボンで下書き

彫刻刀で彫る

アクリル絵の具で着色する

以上

使用した「アクリル絵の具」は「和」アクリルガッシュ 憲法色

憲法色って、、、。と思いながら買いました(笑)
「剣術家の吉岡直綱(号は憲法)が広めたとされることからこの名が付いた」とWikipediaに書いてある!!

ジャパネスクカラー 日本の伝統色


憲法色

#543f32
R:84G:63B:50
C:0% M:25% Y:40% K:67%


らしい。

 

 

線彫り開始

ここのところ、右往左往していて、心ここにあらずな私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
↑すでにおかしい(^^;

さて、8/26までは家で出来るところまで作業をするってことで進めてるギタークラフト。
彫刻刀を使って、絵を彫ってます。いやぁ、せっかく綺麗にした表面に傷をつけるなんて、めっちゃもったいないと思いつつ、最初からの予定なのでやります!

使用してるのは、
三木章 パワーグリップ彫刻刀 三角 1.5MM

線彫りなので、溝彫るだけだし。正解はわからないわけで、、、。

当初の予定では、サクラクレパスの版画用彫刻刀の切り出しで線を入れて、ミニルーター(機械)で彫るつもりでいたんだけど、試しで彫ってみたところ、なんか味気なく感じたので、ここは彫刻刀かなーと。

もう後へは引けません。前に進むのみ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三木章 パワーグリップ彫刻刀 三角 [1.5MM](代引不可)
価格:360円(税込、送料別) (2017/8/6時点)

イベント!

オレンジオイルが、美味しそうに見える(笑)
※ギターのボディの汚れを取るクリーナー。

本日は音楽の専門学校へイベントのお手伝いしに行きます。
昔一年間、講師をしていた職場。
10年ぶりくらいかな。

違う形でイベントのお手伝いが出来る事をうれしく思います。
楽しみ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HOWARD Orange Oil OR0008 オレンジオイル
価格:1955円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

綺麗になりましたな!

豆平鉋と豆四方反鉋を使って、ひたすら削る!削る!削る!
丸みの部分は豆平鉋で削り、丸みの外側、少し凹んでるところは豆四方反鉋で削りました。
最初、丸みの部分を豆四方反鉋で削りはじめて、あやうく凹みを作ってしまうところだった。。。

気を付けよう!
と自分に言う(^^;

そして、夏休みの宿題!!!
彫刻します!ドキドキ。

とはいえ、働いてるので、たいして時間はとれないのよね。
うーん。

とりあえず、カーボン紙を買ってきたんで、下書きした絵を転写するところから始めよう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国秀豆平鉋 18mm
価格:5929円(税込、送料別) (2017/7/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国秀豆四方反鉋 18mm
価格:6944円(税込、送料別) (2017/7/23時点)

定規系

先日は、木に指が当たった状態でギターのボディを削ってたら、指の逆むけがひどくなった程度の傷になり、大した傷じゃないのに広範囲に血がついてしまった、
いやぁ、危うく血塗られたギターになるところだった(苦笑)
あぁ、スマホを忘れたので写真が撮れなかったのが残念(写メ撮るのか!?)

もー仕方ないので、普段よく使う定規で工具箱に入っているもの3点紹介。
上から、
■150mmスケール
金属製の普通の定規。
■ノギス
①外径を測ったり、②内径を測ったり、③深さを測ったり、高機能な便利グッズ。
■スコヤ
角を使って線を引いたり、製作物が直角になっているか確認したり。

一番使うのはスケールとノギスかな。
DIYとかやるタイプでは無かったので、ギター製作をするまで、「ノギス」というもの自体知らなかった。
名前も使い方も。
最初、使い方を書いた紙を見てもよくわからなかったしね。

メモリの「0」を見て測れば良いのだけど、最初なんとなく角を見て測ってサイズが違う!!ってなったりしてた。
もはや懐かしい思い出です。

梅雨明けを前に。

週末は、ギタークラフト教室の飲み会!
言い出しっぺじゃないのに、仕切ってる私。おっかしいなぁ。。。

さて。
夏の間にヘッドにインレイを入れたり、ボディに彫刻したりと何かと彫る作業が増えます。
味わい深さを出すところは彫刻刀等、手作業で、細かい作業はミニルーター等の機械で。
と、使い分けをしていきたいと思います。

それ以前にカンナ作業に苦戦を強いられる気がしなくもないが、、、。

————
ドレメルのミニルーターを見ていて思ったこと。
「60Hz」

ん?
私は、大阪に住んでいて、ミニルーターを探していたわけですが、
この商品を見ていて、Hzで商品が分かれてる事に気づきました。
関東は、50Hz
関西は、60Hz

確かに、、、。
近年、たいして意識してなかったので、分かれてるんだ!!!と驚きました。
そういえば、家電か何かで切り替えがあるものを見たことがあるね。

ピックアップのザグリ

ピックアップを入れるところを確保したので、
ボディの表面を滑らかにしているところ!

ひたすらカンナで削ります。
※カンナの刃を研いだので、切れやすくなってるはず!

綺麗になったら、表面に彫刻する予定。
上手く出来るかな、、、。いや、出来る!(^^)

アーチ

ルーターで、階段を作成したので、次回カンナで削ります。
滑らかに削れば、ボディも大詰め!

夏休みの宿題としては、
1.ボディに線彫り彫刻をする
2.ヘッドのインレイを作成。ヘッドに溝を彫る。

残作業
ボディのバインディング。
ポジションマーク、ネックのバインディング
フレット打ち~すり合わせ
裏蓋作成2枚
配線~半田付け

うーん。まだまだあるなぁ。